民事事件に必要な弁護費用ってどれぐらい?

民事事件に必要な弁護費用ってどれくらい?一から準備

流れを頭に入れてから

木枯らしが吹く頃、一向に裁判は終わる景色もない。
和解勧告も、最後には裁判官が、年が明けると相手の気持ちが変わって、和解しにくくなるから、と当事者にとっては訳の分からない理屈を投げられて、頷く。
肩を丸めて昔ばなしの水呑百姓のように、正月の餅も買わなければならないと、ため息をつく姿が小さい。
建築資材の化学的作用からの訴訟でも、十数年戦われてようやく判決にこぎつけたりと、民事訴訟は長いイメージが強い。
訴訟期間の短縮について、様々な論議のもとにも、国からの是正はままならない。
他国流ドラマに出てくる役人の懐具合のように、信じられない形相がここにもある。
都合が悪いと、人間に大きな袋をかぶせて袋詰めにして、背負って運ぶ様子も分かりやすい作為であっても、近いものをニュースで聞いたような。
先延ばしの曖昧さは、日本の美徳となりはしないか、不安になるところ。
せめて、日本の最高機関では、サクッと判断を仰ぎたい。
そんな時、頼りになるのが弁護士です。
日本の法律上は、自分で裁判を提訴することも出来ますが、結果や、状況に応じた対処を考えると、素人ではコネもなく限界があるので、専門家に任せる方が、ベストです。
どこの世界も、裏情報があると聞いています。
つまり、士業に任せて、より良い道を選択する知恵袋であり、実行部隊でもあるように思えます。
それ故に、裏切らない信用のおける人物であることを前提に、弁護士を探さなくてはいけません。
大金を払って、お願いするのですから。