民事事件に必要な弁護費用ってどれくらい?一から準備

季節は変われど、終わらない

この記事をシェアする

弁護士費用の規定はない

ご近所の境界線などのトラブルで、身近な法律問題が浮上した場合、思いつくのは、市町村の無料法律相談があります。
だいたいが30分程度を市町村の窓口に申し込んで、数週間後に相談日や時刻を指定され、市町村の小部屋で対面相談となるでしょう。
素人が、時間内に要領よく説明したり、相談出来ないケースが多いので、事前に内容を、住所氏名年齢などと同時に記載させたり、係の人が、先に要点をまとめてくれる機関もあります。
決死のお思いで、慣れない法律相談の一年生には、大変助かります。
同様に、各都道府県の弁護士会も、無料相談会を行われておられますので、問い合わせされると、各事情に応じた相談日に、案内されるでしょう。
弁護士の取り扱い事件が分かれているので、民事事件といっても、様々です。

明示されている法律事務所も

通常の法律相談は、1時間で1万円程度ですが、消費税の計算方法や、内容に応じて金額設定されているので、各弁護士のホームページを参考にして下さい。
ホームページには、弁護士報酬として、弁護費用や計算方式を明示されています。
高級なお寿司屋さんのように、時価、という言葉に慄く必要がなくて、焦らなくていいですね。
着手金(ちゃくしゅきん)という、弁護士に依頼して契約書にサインする際に、後日振り込みなどで支払う料金が発生します。
地域差や内容によって違いはありますが、30万円から50万円程度と試算されればいいと思います。
着手金は、訴訟中に、弁護士を解任しても、返金はされないことが多いようです。
弁護士取り扱い事件として、刑事事件、民事事件の詳細が記載されています。
離婚事件などは、年相応の弁護士を選ぶ方が、一般的な人生経験も習得され繊細な内容も相談しやすいし、伴侶への心証も良くなるような気がします。